2019年度 助成事業一覧 (3/3)

                   

  主催団体、事業名  事業内容、参加者からの感想など

(社)日本疾病予防教育協会

 団体HP

0才から体を動かすことの大切さを広げる ~体操学習講座の開催~

 

 

0才から体を動かすことの大切さを広げるために、託児付き親子講座「遊びながら講座   子供の心と体の伸ばし方」を開催し、親子での互換遊びとレクチャー(大人のみ。託児)をセットで開催した。

愛知県内3カ所と岐阜県1カ所で講座を開催し、満席の会場もでるほど多くの参加者を集めた。「より詳しく聞きたい」「定期的にこのようなイベントがあるとよい」という声が多かった。

NPO法人 名古屋難民支援室

団体HP

地域に暮らす難民を知るスタディツアー

 

 

日本社会の中で暮らす難民の方と出会い、彼らの背景やいままでの過程を知ること、彼らの目から見た日本を知ることにより、より身近な「知り合い」になるとともに、自分の生まれ育った日本について考えるきっかけや、多文化共生のあり方について考えるスタディツアーを企画。①ビルマの「水かけ祭り」への参加、②ネパール料理を味わいながら話を聞く会を開催。

主催団体の強みを活かしたより深い交流会となり、参加者からは、もっと難民問題について勉強したい、他の国の方にも会ってみたい、といった声が寄せられた。

MIKI ファニット

団体HP

生きる力とリーダー力を育みm防災を意識した自然体験学習プログラムの確立と実施

「生きる力」と「リーダー力」の育成に加え、熊本地震を経て「防災」も意識した自然体験プログラムを行い、これからの時代を生き抜く力を養成する。

山川遊び、防災クッキング、林業体験、プレゼンテーションなどを行う自然体験学習を3回開催。自然災害が多発している時期でもあったので、子供達なりに感じることが多かったようで、その後家庭内での話し合いに繋がったという声や、本当に自分(子供)達だけで成し遂げたという達成感を語る声があがった。

NPO法人 アジェンダやまがた

団体HP

すべてのお子様が参加できる合奏に導く指導者研修会

障がい児通所支援事業所「音楽なかまプリモ」における音楽を活用した療育及び音楽指導の実施と平行し、合奏と即興をテーマにした指導テキスト「楽しく自分のメロディを作ろう!」を製作した。

市内特別支援学級の研修会(教員対象)、音楽授業(生徒対象)も行い、演奏した生徒からは「楽しかった」「うれしかった」「すきにたたけて作曲家になったようでした」という感想が寄せられた。

(社)Cotonari

団体HP

子育て支援拠点における多様な背景を持つ母親支援事業

子供の健やかな成長のために、母親の育児負担の軽減、障碍児や若年出産、外国人ルーツの母親のためのサポートサロン、学習会の開催を行う。

運動、防災、食育のテーマごとの講座、座談会が行われ継続講座の希望が多くあがった。

(社)JOSHIGOTO LINK

団体HP

「夢をカタチに! わたしのオトナ地図」事業

将来を考えはじめる小学校高学年~中学生を対象に、自分の「本当にやってみたいこと」「楽しい未来」について考えるワークショップを開催。コーチング的質問やSDGsを意識した質問、雑誌の切抜き等を利用した「オトナ地図」の製作、発表・シェアタイムという3部構成のセミナーを実施。

名古屋市内にて5回開催され、子供達は自由に未来を見つめ、保護者からはこの講座に参加させてよかった、子供の知らない一面を知ることができた、という感想がよせられた。

NPO法人 名古屋難民支援室   団体HP

大学生と協働でつくる難民理解促進動画

大学生と協働して、日本に暮らす難民についての理解促進のためのツールとして日本語及び英語の②言語で動画を作成し、完成版をインターネット上で公開する。また大学内でも学生の成果物として発表する。